ニキビ跡の色素沈着を消す

ニキビ跡の色素沈着を消す

ニキビが出来てしまったあと、
いつまでもその部分が黒ずんでしまうなどの色素沈着を起こしてしまうことがあります。

 

ニキビ跡の色素沈着を改善する場合には、
ニキビやニキビ跡を現状よりも酷くしないようにするというのも重要になってきます。

 

その場合に心がけるのは、刺激を避けるということ。
特に私たちが忘れてしまいがちなのが紫外線ですが、ニキビ跡の色素沈着には紫外線などの刺激は禁物です。

 

こういったタイプの刺激以外にも、私たちの日常にはお肌に負担をかけるものが沢山あります。

 

たとえば洗顔時、お肌を擦って洗ってしまうことからくる摩擦や、
そこからくる乾燥などからもお肌を守らなければなりません。

 

何故ならお肌が乾燥すると皮膚のターンオーバーが崩れてしまうことによって、
色素細胞が慢性的に活性化し、いつまでもお肌に色素沈着が残ってしまうことになるのです。

 

そのため、色素沈着を改善するためにはお肌を乾燥や紫外線などから守るためのケアが有効ということになります。

 

適切な回数と正しい方法で行われる洗顔。

 

そのあとお肌の最深部までしっかりと水分を補給し、
それらを乾燥させないように乳液、クリームなどでケアすることを忘れないようにしましょう。

 

お肌が適度な水分を保持している状態になると、
お肌のターンオーバーや代謝が促進されるようになります。

 

そうすることで、ダメージを受けて色素沈着となった細胞が古くなった角質とともに剥がれ落ち、
少しずつ色素沈着が薄くなってくるのです。

 

ただし注意が必要なのは、
保湿ケアを行ったとしても、色素沈着が完全に改善するまでには時間が必要です。

 

途中であきらめることなく、
地道にケアを続けていくことが色素沈着を改善するのには必要不可欠であるといえるでしょう。