黒いニキビ跡を治す方法

黒いニキビ跡を治す方法

黒いニキビ跡は色素沈着に分類されるものです。
ニキビとはお肌の炎症であるということはご存じだと思います。

 

このニキビが酷くなってしまったことで、お肌を守るために生まれたメラニン色素が、
ニキビが治った後もお肌に残ってしまっている、という状態になります。

 

ニキビ跡として残っている色素沈着は、そのほとんどがターンオーバーを正常にすることで改善できますが、
完全に消すためには時間がかかる
ことも確かです。

 

黒いニキビ跡を消すための時間は、おそらく最短でも数か月かかるのが平均でしょう。

 

この黒いニキビ跡の改善方法にはいくつかありますが、
自宅で手軽に出来るものといえば、美白用のスキンケアを使用することではないでしょうか。

 

勿論他にも、レーザー治療やケミカルピーリングといった方法もあります。
レーザーは肌にレーザーを照射することで、メラニン色素を焼くという治療法です。

 

ケミカルピーリングは肌の古い角質を剥がすことで、
お肌のターンオーバーを促しメラニン色素を撃退します。

 

上記の2種類は多少の痛みなどがあったり、
医療機関でしか受けることが出来ないといったデメリットもまたあるので、いささか手軽とは言い難いのが現状ですね。

 

それらに比べると、最近では美白用のコスメ、スキンケアは種類も充実しているのでとても手軽です。

 

特に美白コスメは、ハイドロキノンやビタミンC誘導体入りのものなども手軽に手に入るようになり、
以前に比べると即効性の高いものも増えてきています。

 

とはいえやはりこういったスキンケアでニキビ跡を薄くしたり、消すためには、毎日地道にケアを続けた上でも、
ある程度の時間が必要なことを覚えておいた方が良いのではないでしょうか。