クレーターを治す・消す方法

クレーターを治す・消す方法

ニキビの炎症が酷くなってしまうと、
ニキビは治っても皮膚にクレーターのような凸凹がいつまでも残ってしまうことがあります。

 

以前はクレーターになってしまったニキビ跡の治療は難しいと考えられていましたが、
最近ではかなり目立たない状態にまで改善することが出来る
ようになっているようです。

 

たとえばケミカルピーリングと呼ばれるもの。
フルーツ酸などを利用した化学的な方法で皮膚表面を削るという方法です。

 

これは古くなった角質などをはがして、
その下に隠れていた表皮細胞の角質化を促進させることで、お肌を再生させるというものです。

 

しかし1度行うと、皮膚がカサブタのような状態からの再生になることもあり、
しばらくは外出が難しいなどのリスクも存在します。

 

自宅で行うことが出来るキッドなども販売されているようですが、多少の痛みを伴うこともあるので、
出来れば美容外科などの専門家の手によって行われることが望ましいでしょう。

 

そして最近流行なのが、レーザーによる治療です。
ケミカルピーリングなどでも改善しなかった大きな凸凹のクレーターも改善できることから人気の方法でもあります。

 

ニキビ跡にレーザーを照射し、コラーゲン、エラスチンといった成分を多く分泌するようにし、
最終的に皮膚の凸凹を目立たないようにするというもの。

 

この方法は傷痕が残ることもなく、出血したりすることもないことから、比較的簡単に行うことが出来ます。

 

さらに最近では、冷凍麻酔を使用するなど、
痛みの少ない方法を取り入れているというクリニックも増えてきました。

 

医療用のレーザーといえば、
取り扱えるのはクリニックなどの医療機関に限られてしまいますが、副作用も少ないなどのメリットもあります。

 

そのため、どうしてもレーザーでクレーターを改善したいという場合には、
まずは信頼できるクリニックなどで相談してみるのが良いでしょう。