ニキビ跡の赤みを治す方法

ニキビ跡の赤みを治す方法

ニキビ跡の中でも、赤みが残ってしまったものの原因、それは毛穴のうっ血です。
ニキビが炎症を起こしてしまったときには、毛穴の周囲ではうっ血が起きてしまい、それによって赤くなってしまうのです。

 

このうっ血が起こってしまうと、ニキビが治ってもその後長くニキビ跡として残ることが多く、
治療にもかなりの時間を必要とすることが多いため注意が必要になってきます。

 

赤みを帯びてしまったニキビ跡を改善する際のポイントは、ターンオーバーです。

 

皮膚はいくつもの細胞が折り重なるようにして構成されており、
新しく出来る細胞によって古い細胞は上へと押し上げられていき、剥がれおちることで日々生まれ変わっていきます。

 

お肌が乾燥していたりすると、
古くなった角質がはがれずにいつまでもお肌に残ってしまうことがあり、このターンオーバーは崩れてしまいます。

 

通常ターンオーバーは約28日前後で1回行われると言われており、
赤いニキビ跡もこのターンオーバーを重ねるごとに、少しずつ薄くなっていきます。

 

しかしお肌が乾燥していたり、いつまでも古い角質がお肌に張り付いたままであると、
このターンオーバーが正常に行われなくなるために、ニキビ跡や赤みはいつまでも残ったままになってしまうのです。

 

それを避けるために必要なものとは、ターンオーバーを正常に保つために必要なものでもあります。
そしてターンオーバーを正常に保つために必要なものは水分です。

 

ただ表面に水分補給するだけではなく、角質層までしっかりと水分を浸透させることも必要ですが、
補給した水分を蒸発させないようにする工夫もまた必要になってきます。

 

何故なら化粧水をつけただけで放置しておけば、
せっかくつけた化粧水はお肌に浸透することはせず、すぐに蒸発してしまうのです。

 

そのため、赤みなどのニキビ跡を消すためには、特別なケアではなく、
あくまで毎日のケアの中でしっかりと保湿を行うことが重要になってきます。